院長が教える!皮膚の病気

アトピー性皮膚炎

(アトピーせいひふえん)

アトピー性皮膚炎になりやすい人のお肌はもともと乾燥肌で皮膚に水分をキープしにくい肌体質です。また皮膚が乾燥していると皮膚のバリア機能が低下します。そこに様々な刺激が加わることでアトピー性皮膚炎を発症します。

アトピー性皮膚炎の治療はスキンケア、悪化因子の除去、薬物療法の3本柱となります。最近では何度も繰り返すような皮膚炎に対してプロアクティブ療法という治療法を行います。アトピー性皮膚炎は慢性の皮膚の病気ですが、上手に治療していけば最終的にスキンケアだけで良い状態を維持することが期待できる疾患です。

また当院ではナローバンドUVBの紫外線療法(保険適応)も行っております。

蕁麻疹

(じんましん)

全身に蚊に刺されたようなかゆい発疹が出現します。発疹は出現する場所が移動し、拡大や融合して世界地図のように見える場合もあります。消えてはまた出てくるといのが蕁麻疹の特徴です。

蕁麻疹の原因は多くありますが、そのほとんどは特発性といって原因がわからないものです。ただし、なかには重篤なものもありますので、疑いがある場合にはアレルギー検査などをします。

治療は抗アレルギー薬の内服です。効果が乏しい場合には増量や変更、また補助薬を追加します。

尋常性ざ瘡

(じんじょうせいざそう)

顔面に赤や白いブツブツができ、ときに膿を伴います。いわゆるニキビです。
思春期に発症しますが、最近は成人のニキビも増えています。

原因は毛穴の出口がふさがることです。それにより皮脂が溜まり(白ニキビ)、アクネ菌が増え炎症が起こります(赤ニキビ、膿を持ったニキビ)。

治療は重症度によって変わります。いずれの重症度であっても塗り薬が基本になります。中等症~重症の場合は抗菌剤の内服を加えます。その他、漢方薬を併用することもあります。 また日頃のスキンケアも大切になります。

脂漏性皮膚炎

(しろうせいひふえん)

頭部や顔面のTゾーンにカサカサを伴う赤みが出現します。頭皮のフケは頭部の脂漏性皮膚炎の最初の症状です。かゆみを伴う場合と伴わない場合があります。

常在菌であるマラセチ菌が増悪因子として関与しています。
治療はステロイド軟膏や抗真菌剤の塗布です。

頻度は少ないですが、頭部や顔面以外にも脇の下、胸部、背部、おへそ、鼡径部にも症状が出ることがあります。

皮脂欠乏症

(ひしけつぼうしょう)

皮膚が乾燥してカサカサしたりひび割れたり、粉がふいたように白くなっている状態です。空気が乾燥する秋から冬に症状が出やすく、皮膚がかゆくなります。すねに最も症状が現れやすいですが、お腹や腰周りにも出ます。

原因は加齢(水分を保つ物質の減少)、季節(秋~冬)、生活習慣(洗いすぎ、エアコンなど)、病気(乾燥を伴う皮膚病、糖尿病、血液透析、抗がん剤治療など)です。

治療は保湿剤の塗布です。季節や症状に合った剤型(軟膏、クリーム、ローション)を選びます。使用量の目安や塗り方のポイントがあります。
症状が進むと湿疹が出現し、皮脂欠乏性皮膚炎へ進行してしまいます。

皮脂欠乏性皮膚炎

(ひしけつぼうせいひふえん)

皮脂欠乏症を放置しておくと皮脂欠乏性皮膚炎が発症します。皮脂欠乏症よりも強いかゆみを伴う湿疹が出現し、ときに掻き壊してしまいます。 治療は保湿剤の塗布に加え、ステロイド軟膏の外用を行います。

診療時間

診療カレンダー

診療時間の変更や、臨時休診となる場合があります。
最新の情報については、お知らせをご確認ください。

クリニックについて

診療科目

一般皮膚科・美容皮膚科

休診日

日曜日・祝日

来院予約

クリニック来院予約QRコード

来院予約をする

状況によりご診察時間が前後する可能性がございます。

電話番号

TEL: 0466-29-1239

所在地

〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢559
角若松ビル2階2-1

JR藤沢駅 北口デッキ直結

JR東海道線、小田急江ノ島線 藤沢駅 徒歩1分

JR藤沢駅 北口バスターミナル目の前

使用できるクレジットカード

自費診療,化粧品購入に限り、各種クレジットカードが使用できます。

※ただし1万円以上(税抜き)の場合に限ります。

※基本的に1回払いとさせて頂いております。