皮膚疾患豆知識ブログ

皮膚腫瘍を紡錘形に切る理由

2020年06月07日
皮膚腫瘍

皮膚腫瘍を切除する場合、腫瘍の周りをメスで切って縫い合わせる。

例えば円形の腫瘍があったとしたら、腫瘍の周囲をメスでクルっと切り取って、円形に穴が開いてしまったところを縫い合わせる。

そう思っていませんか?

実はそうではないのです。

実際は人の目のような形、『紡錘形』にデザインをして切り取ります。

黒目が腫瘍だとしたら白目の余白部分が必要になってくるのです。

紙の中央を円形に切り取り、穴が開いている部分を縫うようによせてみてください。

両端が持ち上がり犬の耳みたいに見えるため、われわれはこれをDog earと呼びます。

Dog earになってしまうと縫ったところの皮膚が平らではなくなってしまい、不格好に見えてしまいます。

それを防ぐために基本的には腫瘍の短径の3倍の長さで切除しなければならないのです。

そのため縫った後の傷も腫瘍の大きさの3倍の線となります。

たいしたことないと思っているできものも、いざ切除してみると思いがけない大きさの傷跡になります。

皮膚腫瘍はあまり大きくならないうちに切除を検討してください。

紐靴の正しい履き方

2020年06月04日
たこ・魚の目

われわれ日本人の靴の歴史はまだまだ浅いもの。

幕末の志士、坂本龍馬がブーツを履き始めてから150年くらい経つでしょうか?

でも、まだまだわれわれは正しく靴を履けていません。

靴は西洋から入ってきたものです。

ですから、日本人と比べて西洋人は靴を正しく履く習慣ができています。

なぜなら、彼らは寝るとき以外はずっと靴を履いているため、彼らにとって靴は足の一部なのです。

どうしてこんなお話をするのか?

皮膚科ではなく、整形外科の先生がするお話ではないのか?

実はそれにはちゃんと理由があります。

それは靴を正しく履けていないと『たこ(胼胝)』や『魚の目(鶏眼)』ができやすいからです。

みなさんはどのように紐靴を履いていますか?

靴を脱ぎ履きしやすいように紐をゆるく結んではいませんか?

実はそれこそ『たこ(胼胝)』や『魚の目(鶏眼)』ができる原因の1つなのです。

『たこ(胼胝)』や『魚の目(鶏眼)』は摩擦から人体を守ろうと角質が厚くなる、言わば人体の防衛反応なのです。

ただ、その防衛反応によって厚く硬くなって人体を守ろうとした角質が、逆にあだとなり痛くなってしまう。

それが『たこ(胼胝)』や『魚の目(鶏眼)』なのです。

では、正しい紐靴の履き方とは?

①紐をゆるめて靴を履く。

②かかとでトントンをして靴にかかとを合わせる。

③つま先から紐をキュキュっと足首のほうに適度に締めていく。

④一番上まできたら足が前後にズレないようにしっかりと足首で紐を結ぶ。

これが正しい紐靴の履き方です。

面倒くさいのはわかりますが、予防が大切な疾患ですので『たこ(胼胝)』や『魚の目(鶏眼)』にならないように正しく靴を履きましょう。

ほくろの色がなくなる?

2020年06月02日
ほくろ

顔や首にあったほくろが、いつの間にか盛り上がって色が薄くなっていたという経験はありませんか?

実は頭頚部(頭、顔、首)の一部のほくろは成長するんです!

ほくろが成長するってどーゆーことでしょうか???

まず、ほくろ細胞の発生を説明しましょう。

ほくろ細胞は外胚葉から皮膚と神経が分化するときに、どちらにもなれなかったあいのこの細胞。それがほくろ細胞なのです。(分化については中学の生物で習いますね。)

なので、お母さんのお腹の中にいるとき(胎児のとき)にすでにほくろは存在しているのです。

それが紫外線など様々な刺激を受け働き始めると、メラニンを作り始めてほくろが姿を現します。

よく『こんなところにほくろなんてなかったのになぁ。』と言ったりしますが、見えていなかっただけで実はすでにほくろはそこにいたのです!

さて、ほくろ細胞には、a型~c型までタイプがあります。

a型はメラニンをたくさん産生するタイプ。

c型はメラニンを産生せず、細長い神経細胞に似たタイプ。

b型はその中間です。

頭頚部の一部のほくろ細胞は、a型 ⇒ b型 ⇒ c型 へと姿を変えていきます。

そのため徐々に色が抜けていき、細胞が増殖するため盛り上がってくるんですね。

完全に色が抜けた盛り上がったほくろを『c型母斑(ほくろ)』なんて呼んだりもします。

診療カレンダー

診療時間

診療カレンダー

診療時間の変更や、臨時休診となる場合があります。
最新の情報については、お知らせをご確認ください。

クリニックについて

診療科目

一般皮膚科・美容皮膚科

休診日

日曜日・祝日

来院予約

クリニック来院予約QRコード

来院予約をする

※お電話でのご予約はお受けしておりません。
※美容皮膚科のご予約はお電話のみとなります。
状況によりご診察時間が前後する可能性がございます。

Web問診票 ※ご予約をされた方は続けてWEB問診票へお進みください。
※予約確認画面のバナーからご記入いただくとID・氏名・予約日などを省略できます。

電話番号

TEL: 0466-29-1239

所在地

〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢559
角若松ビル2階2-1

JR藤沢駅 北口デッキ直結

JR東海道線 藤沢駅 徒歩1分
小田急江ノ島線 藤沢駅 徒歩2分
江ノ島電鉄線 藤沢駅 徒歩4分

JR藤沢駅 北口バスターミナル目の前

使用できるクレジットカード 使用できる電子マネー

保険診療、自費診療ともにご利用いただけます。
※1回払いとさせて頂いております